男女

災害に備えるために【地震予測情報サービスを利用しよう】

減災効果は計り知れない

レディ

自然災害の中で最も難しい

自然災害と聞くと、どの様なものを思い浮かべますか。自然災害は陸では地震や火山噴火、空では台風などが一般的となっていますが、地震以外の災害は現在の科学力で予知が可能となっています。火山噴火の際には、地下のマグマ活動の活発化により、地震活動や地殻のズレなど予兆となる現象が顕著に現れ、事前に予知する事が可能とされています。台風も気象観測によって、数日前から進路や強さなどが予測され、接近前に避難活動などを実施して人的被害を最小限に抑える事が出来ます。しかし、自然災害の中で地震だけは、事前に発生を知ることが出来る予知が困難とされています。東日本大震災以降、メディアでは地震予知に関連する事項が取り上げられるようになりました。日本は世界最先端の科学技術力を有し、世界で最も地震が頻発する国といわれていますが、その日本でさえも地震予知はそう簡単にはいきません。地震の怖いところは、いつ発生してどのくらいの強さの揺れなのかなど、事前にまったく把握する事が出来ない点です。ある程度、時間の余裕があれば危険回避行動を取ることが可能となりますが、残念ながら地震ではそれが難しいのが現状で課題となっています。もし、大地震発生の予兆をつかみ、予知が可能となれば劇的に人的被害を少なくする事ができ、その減災効果は計り知れません。現状では、まだ正確に予知が成功した例はありませんが、予知による減災と避難訓練などによる防災との両面で、被害を抑えようと考えられています。学校や自治体で定期的に行われる避難訓練などは、防災上の観点から非常に有益とされている訓練です。